FC2ブログ

80年前のアルトサックス

マーチン2 マーチン3
アメリカ・ニューヨークでオーバーホールされたマーチン社のアルトサックスで「ハンドクラフト」と呼ばれているもの、シリアル番号からすると70年前の製造と考えられるが、キイガード、トーンホールの位置、ネックの形をみると80年~100年前に売られていたサックス初期モデルである。
「コーン社」「キング社」も当時の物は同じような形をしているが70年前には各社ともモデルチェンジしている。マーチン社は特にモデルチェンジを頻繁に行ったらしいのだが、なぜこのハンドクラフトをこの時期製造していたのか。
下位機種となったものをOEM用として製造していたのではないかと思います、ベルの部分に彫刻されているのはマーチンではなくウォーリッツァ社と入っています。
ウォーリッツァ社といえば当時、ジュークボックスやレイ・チャールズが使っていた「電気ピアノ」を作っていた事で有名、このサックスはマーチン社に依頼した「マーチン・ステンシル」なんです。
WurlitzertwentiesCatalog.jpg

コメント

非公開コメント